私が創業した2000年当時は、事務所を借りて受付の人を雇わなければビジネスはできない時代でした。貯金と自分自身の収入だけでは不十分で銀行から融資を受けて起業し、資金が足りなくなると銀行から融資を受けたり出資を募ったりしながらの会社経営でした。

インターネットを使えば事務所が無くても受付の人がいなくてもビジネスができる時代。

人生100年時代と言われ、65歳ごろから支給される年金の額も十分とは言えない中、定年延長され会社で働き続けるのも一つですが、起業するという方法もあるのではないでしょうか。定年後は年金プラスアルファのプチ起業がおすすめ。お金をかけずに小さく始めてじっくり続けましょう。