英会話がペラペラになるシャドーイング法

英会話がペラペラになるシャドーイング法

♢シャドーイングは何から始めると良いのか

フレーズ毎の音声を使ってやって頂くと良いと思います。シャドーイングは文字通りShadow=影のように英語の音声についていくという事で。このメリットというのは大きく二つです。決してペラペラになる事が英会話への近道ではないので、これを極める必要はないんですけれども、

♢シャドーイングを行うメリット①

シャドーイングする事のメリットの一つ目は、訳さずに聞こえてきた英語を、英語のままダイレクトに脳に取り込もうという習慣が身につくという事です。じーっと英語を聞いていると、どうしても訳してしまおうという癖が、私達には長い英語学習の習慣から残ってしまっているので、「ダイレクトに脳に届け」という思いを込めて、軽く声に出してあげるとイメージがしやすい、そのメリットが一つ。

♢シャドーイングを行うメリット②

二つ目は英語ネイティブが自然に話した時の英語の発音、音調が、単語一個一個クリアに発音されるという事はまず無くて、通常は単語同士、隣同士の音の脱落現象が起きたり、音と音が融合してリエゾンしたりという音の変化が色々あって、全体的にイントネーションなどを形成しているので、英語らしい音調が身につきやすくなるという事です。

♢シャドーイングとリピートの違い。シャドーイングのキーワード

シャドーイングをするとリピートしないので、リピートというのは間を開けてしまい、若干アクセントが日本語読みやローマ字読みになってしまいがちなので、英語らしい音調のまま聞こえた通りになんとなく声に出す。「まま」というのがシャドーイングのキーワードですね。だからこれを極めようとか、きちんと正確に声に出すという目標は同時通訳になりたいなどという目標が出た時点で、訓練方法としてきちんと正確にという方向に転換していくのはありなんですけれども、会話の為のシャドーイングでしたらまずこの二点をしっかりイメージして気持ち良く感情移入出来た範囲で声に出して頂く事がとても大事になりますです。

♢耳に入ってきた「まま」口から出してみる

ですのでポイントはイラストを見て場面に感情移入をしながら、これはお手元にお配りしているレジュメにも書いている事なんですけれども、イラストを見て場面に感情移入しながら、印象に残った音だけ、一言一句残さず聞こうとか正確に発音しようとかは逆の作用になってしまって英語脳を作るという目的からは若干反れていってしまって苦痛になったり、ストレスを感じたりという事ではもったいないので、イラストを見て場面に感情移入できた範囲で、印象に残った音だけ気持ち良く、いつもご自分で、「自分が出している英語の音が気持ち良い音かな」というのは余裕がある時に聞いてあげて下さい。こういう意識で英語の音を出していると凄く英語の音と仲良くなれて、自然に英語の音も取り込めるようになります。どうしても以前は緊張感を伴ってしまっていたんですよね。正確にという事を意識してしまって、そういった学習法でしたから基本的には、真面目だった方ほど英語を聞く時には一語一句逃さずに聞いて、テストで正解を選ばなければいけないという教育を受けてきていますので、印象に残った範囲で「気持ち良く出せているかな、無理していない私」とぜひ。ここをあまり逸雑しないように気持ち良くやって頂くと、一番英語脳に近づきやすい、そして分かりやすいし、実感も伴いやすい練習法です。

♢シャドーイングのおススメポイント

何より一人で出来るし一人の方がやりやすいです。教室はやりにくいはずです。教室は音が遠いし、皆さんの声だけが教室に響かないようにわざと私が声を出してしまうので、皆さんのお席からはこのCDの音に続いて私の声が混ざってしまって、しかもお隣とか後ろからも時々声が聞こえてくるとそれは知らず知らずプレッシャーになってしまうので、教室でもシャドーイングは非常にやりにくいと思います。是非お家で環境、状況が許す方はマイペースでやって頂きたいと思います。

♢動画で確認したいかたらこちらからご覧ください。

動画内でも同様のお話をお伝えしています。音声の方でも確認して頂くと、より理解が高まりますので、お時間ある際にご視聴くださいませ。

1年半で英語が話せるようになった

"秘密"を知りたくないですか?

下のボタンから無料の

オンライントレーニングが受講できます。

無料!

コメントを残す